レズにもある割り切りや援助交際の出会いについて

レズビアンのための出会い系サイト入門

出会い系サイトにおける援助交際と割り切り

レズビアンにとってはほとんど無縁な話ですが出会い系サイトをきっかけにして起きた男女間のトラブルが事件になってニュースで取り上げられることがあります。未成年との援助交際が問題となったり、お金絡みのトラブルでの事件が報道されることがまれにあります。

 

 

これらのレズには全く関係ないニュースでビアンにとっての出会い系サイトのイメージを壊さないでくださいね♪


 

援助交際

ビアンにとってはほとんど関係ないのが援助交際です。でもまれに年配のお金持ってるビアンとか、見た目的に相手が見つかりにくい女性が援助するからって話がビアンにもありますね。

 

援交というかサポありというか・・・いろいろなよび方があるんですけどね。

 

ちょっと頭の悪い女の子とか、ヤフー知恵袋とかでビアンって援助交際できますか?みたいな事を質問したりしてますよね。

 

これは逆にお金のない若い女の子が、お金を持っているビアンの女性に援助してもらえないかな〜みたいな事を考えて質問してるんですね。

 

このサイトで紹介している年齢認証がある優良な出会い系サイトでは援助交際は存在しませんが、年齢認証が義務付けられた後も、出会い系サイトではない無料掲示板などのコミュニティサイトでは援助交際といった個人売春がおこなわれています。

 

援交の低年齢化

信じられない話ですが援助交際の低年齢化に伴って、小学生も手を出しているとの報道がありました。産婦人科の医師がテレビに出ていたので本当だと思いますが、都会ではそんなことが起きているようですね。

 

JK、JC、JSとかって何の略かわかりますか?「女子高生」「女子中学生」「女子小学生」ですね。

 

もちろん男性側にも責任があるのですが、女性側が何一つ罪にならなければこういった行為も後をたたないですよね。厳重注意と言ってもこういった事をする無知で低俗な女性はいなくならないというか、好きでやってますからね〜。

 

女子高生側が複数で男性側の財布からお金を抜き取て暴力を加える行為をしたり、逆に社会経験の足りない無知な女子高生を騙す悪い男性などお互い様で存在していました。この援助交際が問題となって出会い系サイト規制法が制定され、年齢認証が義務付けられたのですね。

 

電話番号認証などもこういった事を防ぐ一つの役目をはたしてくれていますよね。

 

援助交際って18歳未満の児童とのお金のやりとり(援助)が発生する身体の関係ってことです。お金のやり取りが発生しないと、援助の部分はなくなりますけど、逮捕されちゃうので気をつけてくださいね。

 

男性と未成年の女の子と関係で捕まった実例

極楽とんぼの山本、130Rの板尾。合意してたのに、後から脅迫されての示談や補導からのバラしです。

 

女性と未成年の男の子と関係で捕まった実例

高橋みなみの母親は自分の子供の友達に脅されてセックスさせられてたら、逆に逮捕されちゃいました。

 

男性と未成年の男の子と関係で捕まった実例

掲示板で知り合った男の子と関係したら、あとから18歳未満だと裏でつるんでいる詐欺師が脅してきた

 

女性と未成年の女の子と関係で捕まった実例

未確認です。

 

割り切りの出会い

出会い系サイトは割り切りの出会いというのが存在しています。条件付きとか、サポありとかともよばれています。

 

ノンケの女性が男性との関係をもつにあたって金銭を要求するといったもので、出会い系サイトでは堅く禁止されている行為ですが、容認しているサイトも存在し、なかなかなくならないようです。

 

言葉を変えると個人売春なんですけど、被害者のいない犯罪行為という事で逮捕されることはまずありません。自ら個人売春したので逮捕してくださいと出頭すればどうなるかはわかりませんが、お互い合意の上の行為ですので、ニュースになる事もありません。

 

まれにニュースになっているのは個人ではなく、強制的に買春をさせたり、違法な管理売春といった悪質なものが逮捕者を出してニュースに取り上げられているのです。

 

それじゃビアンはどうなのって事が気になる人もいますよね。

 

 

実はレズビアン掲示板でもまれに割り切りの関係を持ちかけられることがあります。それと、やっぱりどうしても見た目的な問題で相手がさがしにくい女性が、そこそこお金をもっていたり、なけなしのお金を使って相手を探すって・・・。哀しいけど仕方ないですよね。

 

ビアンは風俗的なものがないですし、悪質な詐欺サイトがノンケの男女、同性愛者など関係なく騙すように、お金のために割り切りの出会いを希望しようとしてくるバイの女性やノンケの女性もいるということですね。


 

ノンケの個人売春をしている女性だったら、バイという事にして別に女性からサポしてもらうのも気にしない人もいるのでしょう。個人売春しているくらいなので、そこそこなルックスやスタイルだと思いますよ。そうじゃないと会った後に「やっぱりやめますね」と断られるのがオチですので。

 

 

池袋のラブホテル変死事件

出会い系カフェで知り合った男が22歳女子大生殺人容疑で逮捕されるという事件がありました。

 

男性は7万円を用意してデート費用や割り切り費用、ホテル代などに6万円弱を使い財布には1万円以上残っている状態のはずでしたが、確認すると1万円札が無くなっていたのです。そのことを女子大生に問いただすと、実名報道されている女子大生は

 

「そんなことしたら、無理やり連れ込まれてレイプされたって言ってやる」

 

と発言したそうです。

 

出頭に付き添った知人男性によると、容疑者の男性は知人男性に「財布にあるはずの現金がなくなり、女性とトラブルになった。気付いたら首を絞めていた」と説明したという事らしいです。

 

こういった時にテレビの報道は自費で学費を払う学生が出会い系のカフェを利用して殺害されたといった偏向報道をおこないます。故人を悪く言うのは、はばかれるというのもあるのですがマスコミは編集作業などによって、常にねつ造や偏向報道を繰り返してきました。もちろん全てのニュースや事件ではないですけどね。

 

こういった事例でもテレビメディアや新聞は、まるで出会い系カフェや出会い系サイトが悪いといった印象を与えるような報道をするのですが、実際のところは楽してお金を稼ぐために個人買春をしていた女子大学生が、強盗をしたうえに、そのことを指摘されて問い詰められると、ありもしないレイプを訴えると脅迫してそれが原因で殺害されたというオチなんですね。

 

これは事件にあっても仕方ないというか・・・。むしろ加害者が被害者というか・・・。

 

 

人間関係でトラブルになる原因はお金と愛情が主な原因です。お金で割り切りといったトラブルになるような出会い系サイト利用はやめた方がいいですね。割り切りといいつつ、買春行為にあたるので、エッチが終わった後にえっ買春をしたいのですか?とか難癖というか、最初から払うつもりがない人だと、お金を払ってもらえないトラブルもたくさんあるようです。

 

お金が必要であれば合法な風俗やキャバクラで働くか、社長さんなどのお金持ちとつきあう方法などを探せばお金を払ってもらえないとかいったトラブルや相手とのトラブルには少なくともあわないですよね。

レズビアンの援助交際と割り切りの出会い関連ページ

レズビアンも性病についての知識は持っておきましょう
出会い系サイトの出会いも普通の出会いでも性病に関してはある程度知っておいた方がいいです。トラブルは事前に防ぐのが一番ですし、恋愛や性については、いろいろな事がおこります。バイの子もいるので性病については理解が必要です。
出会い系サイトで出会いのチャンスが増える時期
普通に出会い系サイトを使っていると1年中出会いのチャンスがあるわけですが、季節や時期で出会える確率が上がる事があるんです。クリスマス前やお正月なんかはとくにそれがあてはまります。
完全無料レズビアン出会い系サイトや掲示板
レズビアン専用の無料の出会い系サイトや掲示板も存在しています。そこで出会いを見つけている人もいるわけ、絶対に使ってはいけないわけではありません。ただ、出来るならあまり不用意に近づかない方がよい事を理解してください。
レズにはハッテン場がないのが残念
ゲイには身体の関係をもつ相手を見つける方法の一つにハッテン場があるのに、レズにはハッテン場って提供されてないですよね。ビアンにとっては出会いの機会が少ない理由の一つです。都会のどこかには数件あるのかもですが・・・。

サイトマップ
まずはじめに おすすめ出会い系サイト